吸血鬼 吾作 三の二

吸血鬼 吾作

 吾作がトボトボと家に帰ってきたのはもう明け方近くだった。その間、おサエは心配で寝る気分になんてなれず、ひたすら家で待っていた。もう空の色が変わってきたなあ…と、おサエが思った時、

「ただいま…」

ど、力ない吾作の声が聞こえたので、おサエは家の扉を急いで開け、

「おかえり!大丈夫だった?」

と、声をかけた。しかし、おサエは吾作の顔を見てびっくりしてしまった。

「わし…ウサギの血を飲みきって…殺してしまったわ…」

と、力なく言った吾作の左手には、骨と皮だけになったウサギが耳から握られていた。おサエはそのウサギの亡骸を見て、さらにびっくりした。

「ご、吾作?あんた、顔…手も…なんか昨日のあの人みたいになっとるよ…。」

と、おサエはオロオロしながら吾作に言った。すると吾作は、

「え?」

と、自分の両手をまじまじと見た。その手は、あの男のように平たく広がり、指が細く長くなり、爪も一晩で伸びる長さではない長さに伸びており、先が尖っていた。ウサギを持っている左手も、器用に爪が刺さらないようにウサギの耳を握っていた。それに驚いた吾作は自分の顔を見るために土間の鍋にはってあった水に顔を写してみた。

 その顔は、まさにあの男と同じであった。顔は生気が抜けて頬はこけて青白くなり、目は窪んでいるが妙にギョロっとしていた。前歯は出っ歯じゃなかったのに出っ歯になっており、歯の先端は尖って鋭かった。

 この顔を見て愕然としていると、手に持っていたウサギの亡骸が急に動き出した。

「ひ、ひええ〜!」

と、吾作はあまりにびっくりしてつい手を離してしまった。するとそのウサギは地面に落ちると、ここはどこ?と、いう感じでキョロキョロし、慌てた様子で外に出た。すると外はもう朝日が差し込んでおり、それを浴びたウサギは一気に燃えて灰すら残らなかった。

 その様子を見た吾作とおサエはあまりの出来事に立ちつくしてしまった。

「わ、わしが血を吸ったウサギがあんな…あんな…。わ、わしもああなるのか?わしも…」

と、吾作はわなわなと震えながら言うと、

「ひいーーー!」

と、叫びながら慌てて布団の中に入った。家の入り口で見ていたおサエは、そこにウサギがいた辺りを見ながら、わなわなと震え、その場でヘタリとしゃがみ込んでしまった。

吸血鬼 吾作 四の一へつづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました