全然続編じゃないのに”2”の付いている映画『フライトナイト2』ってこんな作品です。

こんにちは、ヒッチです。

今回は、2013年にDVD販売で登場した『フライトナイト2』について書いていこうと思います。今回もなるべくネタバレなしで書く予定です。

ちなみに2011年の作品『フライトナイト/恐怖の夜』のザックリ説明はこちらです♪

スポンサーリンク

『フライトナイト2』 Fright Night 2:New Blood

監督:エドゥアルド・ロドリゲス

脚本:マット・ヴァン

出演:チャーリー/ウィル・ペイン

   ジェリー/ジェイミー・マーレイ

   エイミー/サシャ・パーキンソン

   ピーター・ヴィンセント/ショーン・パワー

   エド/クリス・ウォーラー

2013年/アメリカ映画/110分

簡単なあらすじ

課外授業でなぜかルーマニアに来た高校生のチャーリー。恋人のエイミーのは破局寸前。友人のエドにからかわれるも、破局を免れたいと必死。そんな中、たまたま滞在していたホテルの向かい側の建物の窓で、女性2人がエロい事をしそうになっているのをチャーリーは見てちょっと興奮していると、首筋から血が。困惑するチャーリー。翌日客員教授として現れたジェリーの顔を見て、コイツだ~っっ。と、オロオロするのだった。

見た感想など

この作品、いきなりDVD販売で「なんだ?」と、思ったら、本国アメリカでもDVD販売用映画として制作された作品のようです。日本でいうVシネマってヤツですね。なので、ところどころ安い雰囲気もあるんですけど、でもVシネって考えるとちゃんと作っている印象です。なにせ舞台はルーマニア。

で、肝心のお話なんですが、冒頭に書いたように、”2”をうたっておきながら”2”ではなく、リメイク作品です。なんかややこしいんですが、

2011年の『フライトナイト/恐怖の夜』とは関係ありません。

でもリメイク作品と言っても、オリジナルの『フライトナイト』をフォーマットってヤツですか?軸は同じなんですけど、けっこうオリジナリティのある内容にはなっています。

なのでヴァージョン違いと思うのが1番妥当かと。

でもDVDに収録されている監督とかの音声解説見てたら、

「続編だ」

と、言い切っててちょっとビックラこいたです(笑)。こういう作品は続編とは言わん!と思うんですけどねえ(笑)。

まあ、そんな話はもういいとして、私の感想としては、まあまあ、面白いかな?くらいです。

なんかVシネらしく、画像がやはり全体的に安いんですよね。それをカメラワークとかでごまかしてる印象なんですが、むしろそれが安さを助長している気がしました。それがなければむしろ普通に面白い映画だと思うんですよね。撮影期間も取れなかったようで、23日で撮影終了と言ってました。脚本に至っては1週間で書き上げたんだそう。でもそんな状況でこのレベルの作品が出来るってのは、逆にスゲー気がしました。血も飛び放題ですし、アクションシーンも多いですしね。

私的にこの作品のすごいと思っている点は、舞台を堂々と、ルーマニアにしたという事と、当然その場所の吸血鬼伝説を話に絡めてきたところじゃないですかねえ。これ以上は書きませんが、そのおかげで、全2作とはすこし根本的な内容が変わっています。

それと、今回のピーター・ヴィンセントと友人のエドがいい味出してると思いました。今回の吸血鬼が女性なのもいいですね♪

キャストなど

今回の最大の変更点はその女性を吸血鬼にしたという点ですが、その吸血鬼、ジェリーを演じたのは、ジェイミー・マーレイという方。主にテレビで活躍されている方のようですが、モデル業もやっているそうで、それでかもですが、立ち姿がやたらカッコいい女優さんです。そして動きもとても優雅で、きわどいシーンやキツそうなシーンも体当たり演技をされていて、この方スゲーって思いました。

主人公のチャーリー役は、ウィル・ペイン。この方もテレビで頑張っている俳優さんのようですが、残念ながら、あまり活躍は出来ていなさそうです。で、今回のチャーリーはそこそこカッコいいです。オタク感は全くなし♪

ヒロインのエイミーを演じたのはサシャ・パーキンソンという方。前回のエイミーがメッチャ美人だったんですけど、この方は可愛らしいエイミーでした。この方もテレビで頑張っている役者さんです。

今回の面白わき役のエドを演じたのはクリス・ウォーラーという方。この人もイマイチ活躍出来ていないようですが、今回のエドはオリジナルの近いキャラで、おふざけしっぱなしでした。この役者さんのいい味が発揮されていたように思いましたよ。

で、ピーター・ヴィンセントを演じたのはショーン・パワー。今回のピーター・ヴィンセントはまた違うタイプのキャラクターで、ろくでなし感が強い(笑)。しかしそのろくでなし感がこの役者さんにピッタリで、とあるシーンで爆笑してしまった(笑)。この映画で笑う人、そんなにいないかもしれませんがっっ。この方もテレビを中心に活躍されているようですが、ゲームの声優なども多くやられているようです。個人的にはもっと出番があればいいのになあ~・・って思いました。

そしてこの『フライトナイト2』の監督をされたのは、エドゥアルド・ロドリゲスという日本人だと舌を噛みそうな名前の方です。この方、『ドルフ・ラングレン ダブル・トリガー』とか、『ガンズ・アンド・ストレンジャー』などといったいわゆるB級映画を撮っている方のようです。『ガンズ~』はクリスチャン・スレイダーが出ていて面白いっぽいのでちょっと見てみたいですねえ。この作品の音声解説を聞くかぎり、何か人がよさそうなんですよね(笑)。「あの時の撮影はスタントマンに悪い事をした」だの「主人公のウィルはがんばってくれた」だの何かそこそこ音声解説を楽しく見てしまいました♪

と、こんな感じですかね。何かこの作品の配給会社のFOXは、どうやら『フライトナイト』を続けていきたかったらしいのですが、この続きがないところを見ると、ダメだったようですね。やんなくていいと思いますけど♪

つー事で今回は『フライトナイト2』について書いてみました。

ではまた~♪♪

※参考文献、ウィキペディア、IMDb、映画データベース-allcinema、

コメント

タイトルとURLをコピーしました